当サイト人気のコンテンツです
勉強方法をきちんと学びたい方に→おすすめ教材
一発合格するコツを教えます→一発合格する方法
通信講座と参考書勉強のどっちがおすすめ?通信講座VS参考書
過去問について解説しています→過去問は役に立つ?

試験勉強は通信講座と参考書のどっちが良いの?

介護支援専門の試験勉強法としては、通信講座と参考書数冊での方法があります。
この2つのどちらかを選択し、勉強方法に取り入れる必要があると思われます。
(他にも、通学などがありますが、独学ではありませんので、ここでは省きます。)

 

 

私の場合で言えば、後者の[参考書数冊で勉強する方法]を選択しました。
だだし、他のページでも紹介している、「勉強法を解説した教材」を併用しています。

 

ケアマネ試験の勉強は、理解するまでにとても時間が必要であり、挫折する可能性もあります。
ある程度理解出来るようになるまでには、かなりの勉強をする必要がありますし、
人によっては、きちんと理解出来ないまま、試験に挑むような人も、多くいます。

 

 

理解出来ていないのに、合格するなんて、ほとんど可能性はゼロに近くなりますよね。
そもそも、難しい試験で、合格者のとても少ない試験なのですから、余計に当たり前の話です。
だからこそ、他人と同じでは、不合格になるために受験しているようなものです。

 

以上の点を考えると、
勉強法の習得や、理解できるよう導いてくれる教材は、とても心強い味方となります。

 

勉強方法を教えてくれる解説書です。

 

 

一方、通信講座(通信教育)はどうなのかと言えば、こちらも悪くはありません。
試験勉強を、講座を通じ、一環したカリキュラムで勉強することが出来ますし、
様々な視点で勉強できる工夫も凝らされており、勉強を飽きさせない工夫も沢山あります。
受講生を出来る限り合格させ、評判を上げたいはずですから、企業も必死なわけです。

 

そして、分からない所があれば、質問することも可能ですから、とても心強いですね。

 

ただし、通信講座のデメリットがあります。それは、費用が高いことです。
確かに、とても魅力的なカリキュラムや教材が揃っているし、商売で行っているのですから当たり前かもしれませんが、それでも、もう少し安くても良いのでは?と思えるような所が多いように感じます。

 

もちろん、内容だけでなく費用も様々ですから、通信講座選びは、慎重に行うようにして下さい。
その際は、必ず複数のスクールに資料請求し、比較検討するようにして下さい。

 

通信講座の資料請求はこちらで一括請求できます。

 

結局どっちがおすすめ?

 

どちらがおすすめなのかと言えば、個人的には、参考書を使った勉強方法です。
もちろん、個人的な意見です。参考程度に聞いておいて下さい。

 

参考書なら、いつでも好きな時に、自分のペースで勉強できますから、気がとっても楽です。
勉強費用も安く済む分、やはり気持ちにもゆとりがもてます。

 

それに、色んな参考書を買って読んでいると、多角的に知識が入ってきます。
ある参考書では分からないことも、他の参考書では分かりやすく書いてあったりします。
数冊の参考書を併用していくと、本当に深い知識が身について行くのです。

 

一方、通信講座では、費用も高いし、利用期間も限度があります。
その分、気が引き締まるのは良いですが、一度挫折したり、分からなくなると、一気にやる気がなくなる可能性もあります。
事実、私の同じ職場で、通信講座を利用した人が、すぐに難しいと言って挫折してました。。。

 

せっかく数万円も出したのに、何てもったいないことを・・・

 

そう考えると、通信講座の場合は、本気で取り組む気のある人なら使っても効果を発揮することが出来ますが、あまり自信の無い人は、参考書での勉強がお勧めです。